(ジュール・パンス),(オプション:クッション無し),JULES,ホーム&キッチン , ラグ・カーテン・ファブリック , クッション・座布団,BOYS,4200円,PANSU,クッションカバー/BAD,spoiler2.sakura.ne.jp,/earldom1932160.html,JERSEY 4200円 JULES PANSU (ジュール・パンス) クッションカバー/BAD BOYS JERSEY (オプション:クッション無し) ホーム&キッチン ラグ・カーテン・ファブリック クッション・座布団 JULES PANSU ジュール パンス クッションカバー SALE オプション:クッション無し BAD BOYS JERSEY 4200円 JULES PANSU (ジュール・パンス) クッションカバー/BAD BOYS JERSEY (オプション:クッション無し) ホーム&キッチン ラグ・カーテン・ファブリック クッション・座布団 (ジュール・パンス),(オプション:クッション無し),JULES,ホーム&キッチン , ラグ・カーテン・ファブリック , クッション・座布団,BOYS,4200円,PANSU,クッションカバー/BAD,spoiler2.sakura.ne.jp,/earldom1932160.html,JERSEY JULES PANSU ジュール パンス クッションカバー SALE オプション:クッション無し BAD BOYS JERSEY

再再販 JULES PANSU ジュール パンス クッションカバー SALE オプション:クッション無し BAD BOYS JERSEY

JULES PANSU (ジュール・パンス) クッションカバー/BAD BOYS JERSEY (オプション:クッション無し)

4200円

JULES PANSU (ジュール・パンス) クッションカバー/BAD BOYS JERSEY (オプション:クッション無し)

商品の説明

サイズ:オプション:クッション無し

1878年の創業以来、フランス伝統の職人技を今に伝える「JULES PANSU(ジュール・パンス)」が手掛ける、フランス製ハイクオリティなクッションカバーの登場です。
芸術大国フランスの職人の手によって作られる精緻なデザイン。ジャカード織りのしっかりとした生地感。
思わず目を引くような美しいテキスタイルデザインのクッションカバーは、ソファやベッドに置くだけで、お部屋に彩りを添えてくれます。
お部屋のアクセントとして取り入れるだけでなく、インテリアのメインとして、クッションを主役としたコーディネートもオススメです。

JULES PANSU(ジュール・パンス)社は、フランス経済産業省が伝統技術や高度な専門知識を備えたフランス企業にのみに送る「EPV(無形文化財企業)」の認定を受けています。
フランス政府お墨付きの確かな品質は、歴史に裏付けされた職人の技術によって支えられており、JULES PANSUのクッションは技術の進歩によって手縫いと違わない品質を実現しています。


※ パソコンモニターの画面によって写真の色と実際の商品と色が多少異なることがございます。

JULES PANSU (ジュール・パンス) クッションカバー/BAD BOYS JERSEY (オプション:クッション無し)

2021年11月02日現在 求人掲載数756

編集部イチオシ求人

パティシエントは
洋菓子、パン業界で働くすべての人の
働く学ぶを応援するサイトです。

パティシエ、販売スタッフ、パン職人のための求人情報の提供と、ニュースメディアとしての情報発信を行っています。
パティシエの仕事は子供の「なりたい職業」の上位に位置する人気の仕事ですが、一般的なイメージとは違い、実際のパティシエの仕事は重労働です。離職率も高く多くの店舗が人材採用、人材募集に悩んでいます。 しかもパティシエの求人情報は他の求人サイト等に載っている件数も少なく、掲載されている情報も十分とは言えないためお店の内情が伝わりにくく、就職前のイメージとのギャップによるミスマッチも起こりやすくなっているのが現状です。 そのためパティシエントでは洋菓子・パン業界に特化した求人サイトとして、より現場の雰囲気が伝わる情報を掲載しています。実際の労働時間、休日の数、スタッフの雰囲気など、洋菓子業界に特化しているから集められる豊富な情報量で、より良い就職先・転職先との出会いをサポートします。

またインターネット上にはパティシエに向けた有益な情報が少なく、「もっと学びたい」「もっとスキルアップしたい」と思ったときに学べる場所がほとんどありません。
そこでパティシエントではパティシエのための求人・転職情報だけでなく、読み物コンテンツも豊富に掲載しています。
多くの人がパティシエとして働きたいと思ったきっかけは「ケーキが好きだから」「自分がつくったケーキを食べて喜んでもらえたことが嬉しかったから」などではないでしょうか。

パティシエントの求人情報に掲載されているオーナーの想いや読み物コンテンツなどで様々な価値観に触れることでパティシエとして働こうと思ったきっかけを思いだして、より活き活きと働いてもらいたいと考えています。
近年人材不足が目立つ洋菓子業界ですが、多くの店舗のオーナーが「パティシエとして長く働いてもらいたい」と考え、求人募集の条件を工夫したり、そのための制度を整えはじめています。ただ自分が働く店舗を探すときには好条件だからと決めるのではなく、その店の考え方や、将来の自分の目標にとって良い経験を積むことができるかどうかなど、しっかり考えて選んでください。