ホーム&キッチン , ラグ・カーテン・ファブリック , ラグ・カーペット・マット,/heiressdom161343.html,滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成,spoiler2.sakura.ne.jp,80x80cm/31.5x31.5IN,ソフトラウンドエリアラグ,1482円 ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm 31.5x31.5IN オリジナル 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット ブルータートルの構成 1482円 ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm/31.5x31.5IN 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成 ホーム&キッチン ラグ・カーテン・ファブリック ラグ・カーペット・マット 1482円 ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm/31.5x31.5IN 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成 ホーム&キッチン ラグ・カーテン・ファブリック ラグ・カーペット・マット ホーム&キッチン , ラグ・カーテン・ファブリック , ラグ・カーペット・マット,/heiressdom161343.html,滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成,spoiler2.sakura.ne.jp,80x80cm/31.5x31.5IN,ソフトラウンドエリアラグ,1482円 ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm 31.5x31.5IN オリジナル 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット ブルータートルの構成

ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm 31.5x31.5IN オリジナル 全国どこでも送料無料 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット ブルータートルの構成

ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm/31.5x31.5IN 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成

1482円

ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm/31.5x31.5IN 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成

商品の説明

サイズ:80x80cm/31.5x31.5IN

ブランド:OLEEKA
素材:ポリエステル
形状:円形/円形
サイズ:(70 cm / 27.6インチ)直径または(80 cm / 31.5インチ)直径または(100 cm / 39.4インチ)直径
デザイン:パーソナライズされたモダンな3Dプリントパターン、滑り止めポイントのプラスチック底、耐久性のある滑り止めの裏地が長持ちするパフォーマンスを提供し、敷物を所定の位置に保ちながら床を確実にグリップします。
用途:あなたとあなたの家族にその日の疲れを和らげるためのアートカーペット。リビングルーム、寝室、庭、寝室、家、屋外屋内、バスルーム、キッチン、正面玄関、廊下、スタジオ、バルコニー、応接室、オフィス、寮の部屋、ゲストスイート、ペット、ダイニングルーム、学習室、子供用のスーツ「部屋、アームチェア、ハンモック。
お手入れが簡単:洗うときは、勢いよく振ったり、ホースの水で洗ったり、洗濯機に入れたり。鮮やかな色が長持ちし、色褪せにくい」
カスタマイズ:お気に入りの写真をお送りいただけます。お気に入りの写真を商品にデザインすることもできます。
色収差について:モニターと光の効果が異なるため、アイテムの実際の色が若干異なる場合があります。写真の色とは異なります。

ソフトラウンドエリアラグ 80x80cm/31.5x31.5IN 滑り止めフロアサークルマット吸収性メモリースポンジスタンディングマット,ブルータートルの構成

無表情な曇空がどこまでもつづく日曜の午後。15時40分、二階建ての小さな建物を改装したそのギャラリーに辿り着くと、長方形をした小部屋の壁面に「ráɪt」の文字をかたどったネオン管とシンプルな白の掛け時計が設置されていた。
ネオン管はコードでつながれているが灯りが点っておらず、秒針をはずされた掛け時計は少し先の時刻である15時50分を指したまま時が止まっている。照明器具としての機能を停止させた空虚なネオン管と、長針も短針も微動だにせず無用のオブジェと化した時計。1階に設えてあるのはそれぞれ《ráɪt》《15:50》と題されたこれら二つの作品のみで、空間の白さと要素の少なさが静態的な場を演出している。

» すべて読む


 

» すべて読む


» すべて読む


東間嶺『行為と場所の記憶/記憶---〈引込線/放射線〉』展示風景(撮影:東間嶺)

» すべて読む

» すべて読む


 

» すべて読む



東間嶺×吉川陽一郎(&開)オープン・スタジオ・イベント『TORIGOYA』フライヤー表面

» すべて読む


 

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES
MONTHLY
2013 [+]