マイトマ10:育成方法/ドワーフ

マイトアンドマジック10:レガシーMight and Magic X Legacy)のドワーフクラスの育成について
 

ディフェンダー

タンク(壁役)向きの性能に見えるが範囲攻撃が多い本作では微妙に庇いきれない。
(ザコ戦ではそれなりに機能するが、範囲攻撃大目のボス戦ではいまいちに・・・)
なので攻撃関係も疎かにしない育成が大事
 

基本タイプ(斧盾スタイル)

「斧」「シールド」「戦闘」を重点的に上げる。
ディフェンダーの育て方は基本的にこの1パターンのみだと思う。
(スキル・ステータスでどこをより優先するかで多少違いがでてくるが)
シールドGMまで上げるとかなり優秀なタンク(壁役)になることができる。

ステータスは「マイト」重視。
スキルは「斧」「盾」を最優先。「戦闘」や防御スキルは後回しでOK。魔法はいらない。

 

スカウト

 

ルーンプリースト

「魔法3種以上」「魔法2種+その他スキル」のように使用する魔法の種類でスキル振りが変わってくる。
たくさんの魔法を覚えるほど成長が遅く(大器晩成)で、魔法の種類を絞るほど完成が早くなる。
どのような魔法を覚えるにしても、シールド1p(できればエキスパート)を覚えておくことをオススメ
ドワーフの特性(HPの伸びがいい)と合わさってかなりタフな魔道士になる。

 

魔法3種以上

「火+光+土」が基本形。
「攻撃特化の火・防御特化の光・バランスの土」と非常にバランスがいい。

ステータスは「マジック」「スピリッツ」重視。シールドを持てる状態ならヴァイタリティは多少削っても問題ない。
スキルは各魔法を強化していけばいい。魔法4種以上覚えようとするとギリギリなので注意。

 

魔法2種+その他スキル

主に「マジックフォーカス(エキスパート~GM)」「シールド(1p~エキスパート)」「クロスボウ(1P~エキスパート)」が候補。
前述のとおり「シールド」はかなり役立つ。エキスパートなら遺物盾も装備できる。
マジックフォーカスは魔法の火力アップ、クロスボウはステータス補強目的。

(Comments are closed)
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • メタ情報

  • スポンサーリンク