チック発言集

はじめに

Q:チックって誰のこと?
A:福岡SBホークス所属の内川聖一選手のこと。

Q:なんでチックって呼ばれるの?
A:SBに移籍後にあまりに古巣横浜をdisる発言が多かったため、
  「こいつは聖一じゃなくて畜一だ」>「チクイチ」>「チック」という風になった。
 (なんで「聖→畜」なのはか、なんJ用語の「ぐう聖」「ぐう畜生」より。各自ぐぐって)

発言

「僕自身横浜を出ていく喜びもあった」
「ずっと最下位のチームにいて指導者になっていいのか」
「ここにいたら自分がダメになると思った」
「横浜の時は借金から始まっていた」
「今まではやろうと思っても、まあいいかと流していた」
「いなくなって初めてその存在の大切さみたいなものに気付くんじゃないですか」
「勝っても負けても変化の無い毎日」
「横浜には恩義も愛着もある」
「去年までは負けに敏感ではなかった」
「ウチに来てるFAの選手は苦しい状況に見えて仕方ない」
「去年までは、負けても自分のせいではないという考えもあった」
「シーズン中盤は正常な精神状態じゃなかった」 「打ち過ぎて申し訳ない」
「ベイか優勝争いかのどちらか」
「セでは味わえなかったドーンときてガシャーンとやられる感覚」
「SBからの連絡でスタートラインに立てた」
「パ・リーグのほうが盛り上がってる」
「横浜では誰を信用して良いか分からなかった」
「真面目に野球やってきてよかった」
「プロの僕にとって信用できるのはプロだけ」
「横浜だと勝っても借金が多くて喜べなかった」
「横浜にいたら自分がダメになると思った」
「お!ナイトゥー!」
「今日も勝ちました(笑)」
「(僕が打てるのは)ボールに翼が生えてるから」(奥さんの名前が翼)
「(ソフバンは)『最強』じゃないっすか?」
「昨年までは優勝にかかわることがなかったので、今年初めて交流戦にMVPがあることを知った。」
(横浜ファンからの野次に対して)「アッタマ来た。何だろ! あれは!」
「あれでモヤモヤしていたものが晴れた。正直、踏ん切りがついた部分もある。」
「ソフトバンクに来て良かったと心から思った」
「優勝争いをしたことがないからどれくらいゲーム差があればいいのかわからない 」
「古巣のなんちゃってと違って西口さんは流石」
「(マジック点灯について)ホークスのファンの皆さんは慣れているかもしれませんが、僕は初めてのことですからね(笑)。ワクワクしますね」
「何も緊張感のないところで戦うよりも、こういうところでプレーすることにやりがいを感じる。」
「びっくりした。仲間として認めてもらった。」

参考サイト

【聖一】チックのガイドライン【畜一】

(Comments are closed)
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • メタ情報

  • スポンサーリンク