3DS/主な変更点

Top / 3DS / 主な変更点

目次 Edit

主な変更点 Edit

総括してオリジナル版とはほぼ別物と呼べるほど調整されている。
オリジナル版と比べるとかなりマイルドな難易度になっており、より現代版ウィザードリィといった趣を感じさせるつくりとなっている。

  • 魔傀儡・ジャイアント・バーディアンの追加
    • デビリッシュ・魔傀儡は特定イベントクリア後、訓練所で作成できるようになった。
  • フェイス・スタイルロードがカメラからの撮影のみに
    • 他のDS-rimix系と同様の使用
  • バランス調整
    • マップの一部変更
      • 序盤のダンジョンのマップ構成は全面的に変更されているものが多い。
      • ショートカットになる場所や、ランダムテレポートでなければ入れなかった場所にドアが追加されているのなどの細かい修正もあり
      • オリジナル版と比べてほぼ全く別物と化しているマップもある。
    • 敵編成の変更
      • 1列に同じ敵が並ぶPSP版の編成から、従来のシリーズ同様複数種の敵が同列に並ぶように。
    • アイテム性能は全体的に上方修正、敵の強さは全体的に下方修正。但し、ボスやフロアマスターは強化されている
      • 他の調整と合わせて通常探索時の難易度がかなり緩和されている
  • 訓練所にてLv×2000Gでエクストラスキルを変更可能
    • 「ツバメ殺し」がパッシブスキルに
  • 全般の設定から復活時年齢加算ありなしの変更が可能
    • 復活時年齢加算なしにするとダンジョン移動時の日数経過も発生しない
  • ダンジョンの設定から魔法の地図を消費するしないの変更が可能
  • アイテム追加
    • 従来のようにほぼすべての敵が装備品を持つように。盗む・盟約→剥ぎ取りの価値が上がった
  • アイテム図鑑
    • 旧作では図鑑登録の為には入手したアイテムを一度店に売る必要があったが、今作では識別時に登録されるようになった (盟約モンスターやユニークキャラの装備品など一部仕様では売る必要あり)
  • 鍛冶錬金の制限解除
    • PSP版で鍛冶錬金不可だった装備が強化できるようになった。
  • 特定のモンスターとの再戦
    • いにしえの洞窟に再戦ポイントが設置された。 イベントモンスターだけでなくフロアマスターも再戦できる。

スポンサーリンク